2017年9月26日

翻訳装置へのオリエンテーションの後、総長シスターメリーマーは第24回総会を開始しました。

私は、ここで公式にノートルダム教育修道女会第24回総会を開始します。私達はきょう修道生活の中で、又教会生活の中で神聖な出来事を始めます。神の呼びかけを聞き、心から応えるために聖霊は必要な恵みと祝福を私達に与えて下さることを確信しています。

「シスター方、私達はこの一年間、聖霊の降臨を願い、私達を照らし力強く導いて下さるよう真剣に祈ってきました。“Veni, Creator Spiritus”(造り主である聖霊、来てください)と歌う時、全世界の姉妹と又亡くなられた全姉妹と心を一つにしましょう。

彼らと一緒に祈り、私達の願いが聞き入れられることを信じましょう。」

オープニング儀式の間、シスター キャスリン ストームは、諸聖人の連祷を詠唱し、総会秘書のシスター ルース アン クラウサーは、各シスターの名前を呼び出席を確認しました。

オリエンテーションは、議題やスケジュールの概要やフォルダーに入っている資料や役割などと続けられました。

午後ウイリアム ローリ大司教は開会典礼を主宰しました。引き続いてレセプションは、テラスで行われました。ローリ大司教のお説教の抜粋を以下に記します。

「数日前、私はボルティモアのND学校を訪問しました。多くの方がご存じのようにINDは1847年に開校し、二人の学生の総登録で170周年を祝いました。」

「私はSSND の歴史を見直した時、聖霊とあなた達の創立者マザー テレジア

ゲルハルディンガーの心と魂の相互作用に打たれました。1833年文化的動乱、

大変動、そして暴力の時代でした。彼女と家族が知っていた世界が崩壊しそうに

なった時、キャロラインは聖霊のお呼びを聞きました。」

「この聖霊のミサ聖祭で美しい賜物をいただいたことを主なる神に感謝し、ここでこのカリスマが更新され、深くなるように願い、私達が知っている世界で楽しく

過ごしていきましょう。」

「聖霊に満たされた福者イエスのテレジアは、当時、多くの人が理解できなかったことを理解することができました。すなわち、物事はそのままである必要はありません。色々なものは変化し、より良いものに変わる可能性があるのです。彼女は

当時代に適した聖別された生活を送る新しい方法を築き、呼ばれた所での使徒職を援助しました。」

「私達は聖霊に祈ります。障害物があっても福者テレジアの美しい精神を生きる

ための新しい方向性を見出だすことができるかもしれません。」

写真

ビデオ

Print Friendly, PDF & Email