In Mission 

交わりを深めるようにと呼ばれる

Sr.ロクサン・シャーレス
(Roxanne Schares)

総長 “場所、時、状況の如何を問わず…”(YAS会憲9) 深い交わりへの招きが、世界中のSSNDの心に こだましています。今この世界で、私たちは全ての人と被造界の全てを受け止めるような、一致の 必要を感じています。コロナパンデミックは、人々の生活に影響を与え、生命をも脅かします。安 全の保障などないことが露呈しました。しかし、私たちがお互いに繋がり合っていること、グロー バルな共同体であるという意識は強まっています。(cf. 回勅兄弟の皆さん 7, 32参照)

“世界を交わりの秘跡として受け入れる”(ラウダ―ト・シ9)ことが大きな課題です。これは真実 です。その意味を完全に理解し、生き方に反映することが重要です。多様性の中の一致は、未来の 道です。それに向かって私たちは、日々、新しい歩みを続けています。ノートルダム教育修道女会 の私たちは、個人的にも共同体的にも、異文化理解を深める約束をしました。また、多文化社会に 沿った生き方が使命であると約束しました。

この責務は私たちを豊かにしてくれるものですが、一方で、多くを要求してきます。今回のIn Missionでは、多様な文化に心を開き、自らの変容に繋がるような出会いを経験したシスター達の 手記を載せました。

多文化社会に生きるということには、新しく学ぶことと、忍耐強く聞くことが必要とされます。 生涯にわたる回心に対して、新しい目を持って取り組むことでもあります。このプロセスの中 で、私たちは、広がり、成長し、成熟し、分断した世界に一致を育む能力を身に付けていきま す。異文化を理解しながら生きることは、イエスの弟子のように、生涯信仰の旅を続けることに なるでしょう。それが神の使命で、私たちはそこに招かれ、交わりを深めるように遣わされま す。神の目から見ると、私たちは“万物の素晴らしい交わりである宇宙的の中で他のものと繋が って” 生きるからです。(ラウダ―ト・シLaudato Si’, 220)

Online:

Deutsch

English *

 English **

  Español  

Italian

Japanese

Magyar  

Polski   

Português  

Slovensko

After you have opened the document using one of the above links, you can download the pdf to print by clicking on the symbol of  a down arrow located in the top right of the screen.

*Uses A4 size paper 

**Uses 8.5 x 11 paper size