25th General Chapter symbol

国際連帯の日の省察

人身売買

2024年7月

pdf (36 KB)

はじめに

何百万もの人が迫害、独裁主義政権、政治の堕落、反社会的な暴力、極度の貧困、気候の災害から逃れて、絶えず移動しています。この人々は、自分たち自身とその家族のために求めている安全を見つけることができるのでしょうか。私たちは、イエスのようにこの人々を迎えるでしょうか。それとも「よそ者」と称して目を背け、尊厳を否定し、労働を搾取する人から虐待されるままにしておくのでしょうか。

祈りへの招き

愛に満ちた神のみ心よ、あなたが私たちに授けてくださる祝福に栄光をささげます。あなたは私たちに、アブラハム、サラ、ルツ、モーセなど、祖国から逃げることを強いられた祖先の物語を聴かせてくださいました。あなたは予期しなかった旅や、敵からの逃亡に満ちた、聖家族としての人生の体験を分かち合ってくださいました。あわれみに満ちた神よ、私たちが、すべての人が歓迎される共同体、すなわちひとつの思い、ひとつの心の共同体を築くという困難に応えられるよう、私たちの心を開いてください。

体 験

クリスチャン・エドゥアルドは、ラテン系アメリカ人の移民で、LGBTQプラス(訳注:自分の性をあえて決めていない人も含む性的少数者)で、エイズにかかり、強制移住と人身売買の結果に生涯にわたって取り組んでいる有能な人です。国際、国内の性や労働の搾取の生存者で、底辺に置かれた人や虐待された人々の熱烈な支持者でもあります。

20代前半の青年だったクリスチャンは、迫害を恐れて母国メキシコからカナダに逃亡し、そこでいつの間にか売買されてしまいました。カナダから逃げた後、再びアメリカで売買されました。

クリスチャンは自分の命の危険を感じながらも、密売人から逃げることを妨げた無数の障壁について、感動的に話してくれます。もし警察に行けば、移住しているという立場のせいで国外に追放され、違法の活動に関与しているために投獄される可能性に直面しました。彼は、精神的、肉体的、性的虐待を受け続ける運命だったのです。

クリスチャンは、強制的に移住させられ、人身売買させられた何千人という生存者のひとりにすぎません。有色人種で、エイズにかかったLGBTQプラスの人々なのです。こういった人々はあまりにも簡単に無視され、あまりにもしばしば搾取されます。なぜなら「よそ者」だからです。外国人、よそ者、見知らぬ人ということで、虐待が続くのです。

省 察

人身売買の性質上、活動範囲を正確に説明したり、数を限定したりすることは難しいのです。2022年 人身売買世界報告書によると、2020年に約5万3800人が、日々、人身売買という状況に生きていると報告している一方、そのデータは権力と関係している売買された人を表しているにすぎません。営利的な性的搾取、強制労働、強制結婚は反映されていないのです。

密売人は、無防備さが強い場所でうまくやっていて、そういうところで人々は絶望的な状態にあり、選択権は限られています。移動中の人や新しい移民は、陰で生活しているため、密売者による搾取の特別な危険にさらされています。国連の「国際移住機関」は、2020年に2億8000万人の国際間の移住者がいたと推定しています。難民や、避難所を求める人や、労働の移民や、紛争や自然災害から強制退去させられた人です。こういう人は、労働を奪ったり、尊厳を否定したりする人々のいい餌食なのです。

移民は、本国から逃れることを余儀なくされるという不利な状況によって、海外からの搾取的な徴兵を受けやすくなる可能性があります。移住ルートでは、旅行者が組織された搾取のネットワークの手で連れて行かれてしまうということが大変よく起こります。移民、特に非正規移民という立場自体が、罰金や、拘留や、国外追放を含む、可能な限りの法的に否定的な結果にさらされてしまうのです。「そのうえ、移民は不正であるために搾取、すなわち東南アジアでの漁業や、ヨーロッパでの農業や、北米での建設の仕事といった、搾取されやすい部門で移民を働かせることになるのです。」(2022年「世界移住報告書」、10章、258)

行 動

あなたが強制移住と人身売買の結びつきを断ち切ることができるのです。あなたの行動が変化をもたらし、またそうできるのです!

  1. 強制移住と人身売買の結びつきについての話をしましょう。
  2. 私たちの態度や法律によって、底辺に置かれた人のために声を上げましょう。移民と人身売買の生存者を守り、力づける政策への支援を表すために、選出された役人に連絡をとりましょう。
  3. 教皇フランシスコの2021年の「世界難民移住移動者の日」のメッセージである「常により広い「私たち」に向かって」をもう一度読みましょう。常により広い意味での「私たち」が、人類家族を新しくし、正しく平和な未来を築き、誰一人置き去りにしないことを保証するのを手伝うのです。と強調しています。
  4. 言語クラスで教えたり、法律の援助を提供したり、定住を手伝ったり、移民や搾取の生存者を支援したりすることによって、あなたの時間や能力を地域の組織に提供しましょう。
  5. 社会的メディアを使って、この問題についての気づきを高め、否定的な固定観念を取り去りましょう。
  6. 移民や搾取の生存者が地域に溶け込める努力をして支援しましょう。
  7. あなたの努力を他の人たちの努力に加えましょう。「人身売買撲滅同盟」の一員になりましょう。

結びの祈り

すべての国家、文化、民族の神よ、私たちは本国から逃げ、安全を求めて困難な旅をする兄弟姉妹のために祈ります。私たちが一人ひとりの見知らぬ人の顔の中にあなたを見、一人ひとりの子どもの叫びの中にあなたの声を聴けるよう助けてください。彼らは恐れから自由になり、暴力から自由になり、魂を奪う貧困から解放される機会だけを求めているのです。

豊かに迎えてくださる神よ、私たちの心と家のとびらを開けてください。私たちがあなたを迎えるように、この新しく来た人たちを迎える恵みを与えてください。移動しているすべての人が迎えられ、守られ、機会が与えられ、自分の生活を私たちの生活に結び付けることのできる招きを見つけられますように。すべての人を無条件に愛してくださり、私たちに同じことをするようにと呼びかけてくださる方のみ名によってこれを祈ります。

 

 

 

セントラルパシフィック管区のアン・ショルツ、SSND

国際シャロームネットワークのために準備してくださいました

絵はCP管区ジョエル・プルート、SSNDによる第25回総会指針から取りました。