愛はすべてを与える

国際連帯の日の省察

「創造と平和の季節」の祈り

創造の季節のシンボルである

燃える茂み
出エジプト記3章1~10節

被造界の声に耳を傾けよう
創造の季節 2022

はじめに

9月1日から10月4日まで、キリスト教会は「創造の季節」を祝い、神の被造物を守るために祈ります。また、すべての人が神の被造物に対して責任を持ち、行動することを呼びかけます。この期間には、9月21日の国連の「国際平和デー」も含まれます。

テーマ

今年の「創造の季節」のテーマ「被造界の声に耳を傾けよう」と「平和の日」テーマ「人種差別を終わらせ、平和を築こう」は、一見すると、ある種の緊張関係にあるように見えます。神によって「とても良い」ものとして創られた被造界と、人間によって作られた人種差別。創造の季節のシンボルである「燃える茂み」は、この緊張関係を反映しています。出エジプト記に登場する茨の茂みは、神とモーセとの出会いの場です。このシンボルでは、世界が燃えているように見えます。これは、私たちの地球の現実を反映しています。神の被造物は燃えているのです。茨の茂みでの出会いを読み進めると、神は苦しんでいる民と被造物の叫びを聞いておられることがわかります。神はモーセを、そして今の私たちを遣わして、民を、被造界を苦難から救おうとしておられます。

私たちにできること

教皇フランシスコは、2022年の「被造物を大切にする世界祈祷日」(9月4日 日曜日)のメッセージの中で、有害なライフスタイルやシステムを悔い改め、変えていくよう促しておられます。被造物の甘美な歌は、”エコロジカルな霊性 “を実践するよう私たちを招きます。Laudato Si被造物の甘美な歌は、自然界における神の存在に心を向け、”エコロジカルな霊性 “を実践するよう私たちを招きます。それは、『私たちが他の被造物から切り離された存在ではなく、素晴らしい普遍的な交わりの中で結ばれているという愛に満ちた自覚』(同書、220)に基づく霊性を生きるようにとの私たちへの呼びかけなのです(同書)。以下の問いかけを、自分の行動に向けてみましょう。

  • 私たちの行動は、神との出会いの場(聖なる地)で行われているでしょうか?
  • 私たちは神の前にいるでしょうか?
  • 人間一人ひとりが神の住まいでしょうか?

 

気候変動への対応は、日に日に急務となっています。私たちは、日々の選択から小さなことでも始めることができます。地球上のすべての生命が燃え尽きるのを食い止めるために、地域社会や家庭、職場、公共機関などで何をすべきかを考えてみましょう。小さな子どもたちと一緒に考えることで新たな発見をすることができるでしょう。

また、人種差別によって人間としての尊厳を奪われた人々の話も聞きます。今年の国際平和デーのテーマ「人種差別を終わらせ、平和を築こう」は、私たちが人種差別の犠牲になっている人々とどの程度接触しているかを考えるよう、私たちに呼びかけています。私たちはこの現実を、メディアで見たものだけで知っているのでしょうか、それとも個人的に経験したものでしょうか。私たちは心をこめて、さまざまな背景(国籍、文化、社会階層)を持つ人々を招き、それぞれの生活状況について個人的に話を聴きましょう。大切なのは、人々が、自分は尊重されている、神から与えられた人間としての尊厳があると感じることです。それが平和に貢献する大きな価値であることは間違いありません。

祈りの場づくり

創造の季節と国際平和の日のための、祈りの場作りを提案します。10月4日の「創造の季節」の終わりまで、チャペルや祈りの場の中心にとげのある枝でできた燃える茨の茂み」を作ります。訪れた人は誰でも、炎の絵を描いた紙の裏に、環境や人間の尊厳の侵害に関する特定の懸念を書き込んで吊るすことができます。こうして「燃える茨」の茂み作りをし、共に祈ることができます。

                 

SSNDシャロームネットワークのために、ヨーロッパシャローム支部のシャロームコンタクトが作成。

デザインはSSND第24回総会の指針から引用。

「創造と平和の季節」の祈り

歌:Here I am Lord (Daniel Schutte) または、あなたの地域でよく知られている他の歌を使われても良いでしょう。

 

詩篇(詩編19編)

被造界が語る神の言葉、そして聖書が語る神の言葉に耳を傾けよう

天は神の栄光を物語り、大空は御手の業を示す

昼は昼に語り伝え、夜は夜に知識を送る。

被造界が語る神の言葉、そして聖書が語る神の言葉に耳を傾けよう

話すことも語ることもなく、声は聞こえなくても

その響きは全地に、その言葉は世界の果てに向かう。

被造界が語る神の言葉、そして聖書が語る神の言葉に耳を傾けよう

主の律法は完全で、魂を生き返らせ

主の定めは真実で、無知な人に知恵を与える。

主の戒めは清らかで、目に光を与える。

被造界が語る神の言葉、そして聖書が語る神の言葉に耳を傾けよう

主への畏れは清く、いつまでも続き

主の裁きは誠で、ことごとく正しい。

主の定めは堅く、そのすべてが正しい。

被造界が語る神の言葉、そして聖書が語る神の言葉に耳を傾けよう

 

朗読

(出エジプト記3章1~10節)

 

短い沈黙の後、参加者は聞いたこと、特に質問を隣人と分かち合うよう招かれる。私は/私たちは何をするために遣わされているのか?私/私たちは誰の所へ遣わされているのか?私たちが派遣されている今日の『イスラエルの民』とは誰か?

共同祈願

参加者はそれぞれ火を灯したろうそくを手に祈りを捧げます。参加者の一人が茨の木に灯されたろうそくで自分のろうそくに火を灯し、次にその人が隣の人のろうそくに火を灯し、そのまた隣の人が自分のろうそくを灯すというように、人から人へと光が伝わっていきます。このようにして、人から人へと光が受け継がれていくのです。

 

次のような願いを祈り、その後、各自が茨の茂みに吊るされた炎の紙を手に取り、そこに書かれている祈りを読み上げます

 

  • 全能の神、創造主、あなたは地上のすべての人々の父です。すべての国とその指導者を正義と平和の道へとお導きくださいますように。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • 不正、偏見、搾取、紛争、戦争の害悪から私たちを守ってください。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • 不信感、恨み、憎しみを捨て去ることができるように助けてください。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • 武器の製造・貯蔵と使用をやめるよう国々を導いてください。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • この世界に、平和と尊厳と自由を見出すことができるように助けてください。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • 無知、貧困、病気、抑圧を克服するために、平和の道具を作り、共有することで私たちを団結させてください。

平和の神よ、私たちの声を聞き、私たちを助けてください。

  • (棘のある茂みから炎に書かれた悩みを追加)。

あなたの栄光と賛美のために、あなたの似姿に創られた者として、私たちが愛と調和のうちに成長できますよう恵みをお与えください。私たちの主イエスキリストによって、アーメン

SSND『ラウダート・シ』公開公約の更新。  信仰と希望をもって、私たちは「ラウダート・シ」を生きる者となり、共にそれを行う約束を新たにします。

 

結びの祈り

主イエスが教えてくださった祈りを、マオリの神学のバージョンで祈りましょう。

 

永遠の霊、地球の創造者、苦痛を担う者、生命を与える者。
今あるもの、これからあるもの、すべての源。
私たち全ての者の父であり、母である愛する神、その中に天の国がある。
あなたの名を呼ぶ声が宇宙にこだまする
あなたの正義の道が、世界の人々に守られますように。

あなたの天の意志は、すべての被造物によって実現されるのです
あなたの愛する平和と自由の共同体が私たちの希望を支え、地上に来てくださいますように。

今日のために必要な食物で私たちを養ってください。
互いを傷つけ合う私たちをお赦しください。
誘惑と試練の時、私たちを強めてください。
耐え難いほどの大きな試練から、私たちをお救いください。
すべての悪の支配から、私たちを解放してください。

あなたは、今もいつも、愛である力の栄光の中に君臨しておられるからです。アーメン。

(Adapted ニュージーランドの祈祷書|He Karakia Mihinare o Aotearoaによる。
このバージョンの主の祈りは、マオリの神学者の影響を受けている)

 

祝福

創造のダンスをされ、 野の百合に心打たれ、
混沌を秩序へと変える神が、
私たちの生活と教会の在り方を変容させるため、私たちを導いてくださいますように。
すべての被造物の声に耳を傾けることが、創造における神の栄光を称えることなのです。

(CTBIエコ・コングレゲーション・プログラムによる).

 

SSNDシャロームネットワークのために、ヨーロッパシャローム支部のシャロームコンタクトが作成した。

デザインはSSND第24回総会指針より。